積み木

スウェーデンハウスをメンテナンスする方法

引き渡しまでの流れ

間取り

茅ヶ崎の中古一戸建ての情報を探すにも、売主との交渉にも仲介業者を通すことになります。気になる物件を見つけたら、費用はかかっても住宅調査をすべきです。契約をするときには手付金が必要になるので、用意しておくようにしてください。

もっと読む

戸建ての選び方

一軒家

宝塚で希望条件を全て満たす新築一戸建てを探すのは難しいので、事前に妥協できる条件を家族で話し合っておきましょう。宝塚で新築一戸建てを探す時は、予算オーバーしないように常に冷静な判断を心がけてください。

もっと読む

家を次の世代に引き継ぐ

一軒家

定期的な再塗装

木をふんだんに使用している北欧住宅のスウェーデンハウスですが、メンテナンスが大変なのではという話を聞くこともあるでしょう。スウェーデンハウスでは、窓の木枠にも木材を使用しているので、雨風に晒されることによって、放っておくとやはり劣化してしまいます。そこで定期的にメンテナンスをすることで、長持ちさせることが出来るのです。もともと日本の住宅は寿命が30年ほどと言われ、その後は建て替えが必要とされているのが一般的です。しかしスウェーデンハウスでは、家は消耗品でなく、手入れして長持ちさせることで、世代を超えて引き継がれていくものと考えられています。そのようなことからメンテナンス作業は重要とも言えるのです。とはいっても、特に難しいことをするわけではありません。最も大切なのは、木部分の塗装です。窓枠や玄関ドア、デッキ部分などは、初めは半年に1回、その後は3年に1回ほど塗装してあげることで、黒ずみやカビの発生を防ぐことが出来ます。また、外壁のメンテナンスは10年に1回スウェーデンハウスに依頼することになります。一般の住宅でも外壁塗装は行われており、珍しい作業ではありません。またスウェーデンハウスにはもともと定期点検サービスがあるので、その際にメンテナンスが必要か判断してもらうことができます。また異常が見つかったときは、スタッフに連絡すれば早めに駆けつけてくれるので安心です。このようにアフターケアが充実している点がスウェーデンハウスの魅力と言えるでしょう。

住宅建築に使われる木材

間取り

神奈川で注文住宅を建てる時には基本知識として、住宅を建てるときに使われる木材の種類や特徴を知っておきましょう。ヒノキは水や虫に耐えられる特徴を持っているため土台や柱に使われており、杉は柔らかくて加工がしやすいため造作の木材として使われます。

もっと読む