男の人

スウェーデンハウスをメンテナンスする方法

住宅建築に使われる木材

間取り

ヒノキは水に強い

神奈川で注文住宅を建てるときには、多くの木材を使用して建てられるため、家づくりの基本知識として木材の種類と特徴を知っておくことが大切です。神奈川の注文住宅で人気のある木材がヒノキで、住宅の土台や柱などに使われることが多いです。ヒノキは水に強い性質を持っているため、湿気の多い床下の土台に使うことで木材が腐ることがなく、住宅の耐久性が上がります。またヒノキは温度や湿度によって曲がることがないため、住宅の柱に多く使うことで正確な寸法で家を建てられます。神奈川の注文住宅ではシロアリなどの虫に強いためヒノキを使う人が多く、日本の気候に適した木材なので100年以上の耐久性があります。ヒバはヒノキと同じく湿気や水に強い特徴を持っているため、神奈川の注文住宅では土台や通し柱に使われています。ヒバはヒノキと比べて単価が安く抗菌作用があるため、住宅だけでなく神社や寺にも使われることの多い木材です。杉は他の木材と比べて非常に単価が安く流通量が多いため、神奈川の注文住宅では多くの場所に使用されています。ただし杉はヒノキやヒバに比べて柔らかいため、構造部分よりも造作部分に使われる事が多く、他の木材よりも加工が簡単です。ケヤキは木材の中でも価格が高い種類で、神奈川の注文住宅では大黒柱などの重要な構造材として用いられています。ケヤキは他の木材と比べて見た目が美しく、硬いため加工するときには高い技術が必要になります。